春から夏、そして秋へ。

季節はうつり変わっていきます。

それにしても今年は災害の多い年です。
備えるという事の大事さを改めて感じます。
また同時に、地球を生き物と考えると、その動きにも何らかの意味があるのでは、
という気持ちにもなりますね。
今一度考えてみる必要があるのではないかと思っています。

 

現在、最新情報は
インスタ https://www.instagram.com/minamiaso_noa/ や
ツイッター https://twitter.com/minamiaso_noa で
投稿しております。

夜の一心行

今年はお天気つづきで、南阿蘇の桜は一気に開花しました。
一心行も今年も見事に咲いてくれましたよ。

ライトアップを見るのは久しぶりですが、相変わらず
その迫力と美しさに感動しました。

桜開花しました。

一心行の桜が30日に開花したようですが、
うちの桜(遅咲きのほう)も同じ日に開花しました。
ここのところの陽気でどんどん開花が進んでますね。

宿の庭は一年で一番の賑わいを見せてますが、
五ヶ瀬のしだれ桜も満開のようで、
間に合うかどうかきをもんでいます。

菊池渓谷にいってきました。

2年ぶりに再会された菊池渓谷にさっそく行ってみました。
地震でかなりの被害を受けているという報道でしたので、
どうなっているかずっと心配でした。

新緑にはちょっと早い時期ですが、
ほとんど以前のままの姿で感動しました。

一部、崩落個所を工事しているところなどありましたが、
自分の記憶にある、ほぼそのままの姿がありました。
地震後しばらくは泥水だった川の流れも、前のように綺麗で神秘的な青色に戻っていました。
ちなみにうちの井戸水も1週間くらいずっと泥が混じってました。

お昼に行ったので、さすがに光芒は出てませんでしたが、
日光が当たって水がキラキラとしていました。
今度は新緑の時期に撮りに行ってみたいと思います。
今年は多くの人が来そうですね。

桜咲き始めました(※梅もまだ咲いてますが)

今日の南阿蘇は快晴。
いよいよ、桜が咲きはじめました。

 

実はまだ梅も咲いています。
梅と桜が一緒に楽しめる。
でも、梅ははらはらと散り始めています。
で、山を見ると上の方に雪が積もってる、、。
ちょっと変わった阿蘇の春景色です。

季節がどんどん進んでいきます。

らくだ山の野焼きに遭遇

ナフコに灯油を買いに行ったら、遠くでうっすら煙が出ている。
もしやと思い寄ってみると、野焼きでした。

これはラッキー!

ここ数年、野焼きは見てなかったのでテンションあがりましたよ。
ここは「らくだ山」と呼ばれているとこで、まさしく、山の形がらくだのコブにように見えるとこです。
特に冬場の枯れた山肌はラクダ色になって、そのものズバリという感じです。

いざ燃え上がると、かなり離れてたんですが、熱がすごいです。
そして音も。

危険な作業で事故もたまに起こってるので、呑気に楽しむという感じでもないのですが、
なかなか見ることのできないダイナミックな光景だと思います。

動画も撮りましたので、よかったらご覧くださいませ。↓

草原と夜明け

国道から俵山峠に折れる旧道を少し登ると、
ススキの草原が眼下に広がる場所があります。
個人的に大好きなところで、雲海がでそうな時とか、
素晴らしい風景が見れるところです。。

春には新緑、夏には深く青い緑、
そして秋からは徐々にらくだ色と変わります。
夏の緑色も綺麗ですが、冬色の草原に朝陽が浴びると、
金色や紅色の野になり、それはそれは感動です。

その枯草の草原に春前に火を入れる野焼きが行われます。
その一時期、阿蘇は黒い大地となりますが、
またやがて緑の大地と変わっていきます。

幾度となく繰り返されてきたこのサイクルが、
阿蘇という風景を作り出しているのですね。

よくお客さんに、「阿蘇は広々として気持ちいい」と言われますが、
これも草原が維持されているからだと思います。

住んでいると、めくるめくように過ぎていく四季。
その移ろいを楽しむ余裕が欲しいなぁ、、、(泣)。

 

Scroll to top